就職 面接 マナー

就職面接のマナー

企業側は優秀な人材を採用するために面接であらゆる点からあなたがどんな人なのかを探ろうとしてきます。 なのであなたは、面接時間内に自分がどんな人なのかをアピールしなくてはいけないのです。

では就職面接のために抑えておくといいことを見ていきましょう。

1番初めに見られる所は、入室の仕方だと思います。 入室のマナーで、第一印象が決まってくるのです。何度も練習する必要があるのです。

まずは、入室する時には必ずノックしてはいると思いますが、自分の名前が呼ばれたら、手の甲と中指で3回ノックしてください。 「えっ!ノックは2回じゃないの?」と思ってしまう人あいるかもしれませんが、2回はトイレに人が入っていないかノックする時にするノックなので、正しいのは3回のノックなのです。 2回は、トイレを連想してしまうので、絶対に3回にしましょう。

そしてドアの開け方にも、気を付けなくてはいけません。 ドアを片手で少し開けたら、「失礼します。」と言い入室をします。 「失礼します。」を言う時には、小さい声で言わずに、大きい声で明るく言いましょう。 その後は、両手でドア開けて入室してください。

ドアを閉める時には、面接官になるべくおしりを向けないように、斜めの姿勢でドアを閉めてください。 極端におしりを向けないようにしてしまうと、不自然な動きになってしまうので逆に良くありません。そして閉める時に大きな音が立たないように、両手でゆっくり閉めてください。

ドアを閉めたら、面接官に向かい笑顔で「よろしくお願い致します。」とあいさつをして一礼してください。お辞儀の角度は、45度を意識し、お辞儀をしたら1秒止まってから頭を上げましょう。

そして男性であれば、手の指を揃えて体の脇に添えます。 逆に女性であれば、手を重ねて体の前に揃えます。

そしたら、椅子の横になってください。 横に立つところが無ければ、椅子の前に立つようにしましょう。 気を付ける点は、すぐに椅子に座らないことです!!

そして「どこの学校で名前を教えてください」というようなことを聞かれるので、その時には、面接官をしっかり見て大きな声ではっきりと名乗りましょう。 面接官が1人の時は、その人だけを見ればいいですが、複数の場合は、全ての人に目を配りながら名乗ります。 そして名乗り終わったら、必ず「よろしくお願い致します。」と言ってお辞儀をします。

それが終わったら、面接官に「どうぞ」と言われるので「失礼いたします。」といい会釈をしてから座ります。会釈の角度は15度です。

着席する時も、椅子の背もたれに寄りかからず、3分の1をあけた状態で座るようにしてください。 そして着席する時の姿勢も大切になってきます。 男性であれば、足を肩幅に広げ、膝の上に手を軽く握り置きます。(軽く拳を作ります) 逆に女性であれば、両膝とかかと、つま先をつけて、膝の上で手を重ねて置きましょう。

手を重ねる時には、左手を上にしましょう。右手は攻撃する手で面接官を敵対している表現になってしまうので、気をつけましょう。

これが入室から面接を始めるまでの流れになります。 それから面接が始まってきます。面接では、短い面接時間の中で自分がどういった人間なのかをアピールする所で、どれだけ好印象を与えられることが出来るのにかかってきます。

面接には答えはないと思います。短い時間の中でどれだけ知ってもらうことがでいるのかにかかっていると思います。

そして自己紹介や志望動機などは、出来るだけスムーズに言えるように、なんでも練習しなくてはいけません。 面接では、言葉使いや面接態度もとても重要になってくるので、注意しながら練習しましょう。志望動機などがしっかりしていれば、他の質問もしっかり答えることができるのではないでしょうか。


面接官によっては、面接に関係ないような話から始める人がいますが、質問の意味が分からない時には黙るのではなく、どういう意味であるのかをしっかり聞くようにした方が良いでしょう。

そして面接の最後には必ず面接官から「最後に何か質問はありますか?」と聞かれると思います。質問が無ければいいですが、ある時には何を質問したいのかをメモにして持って入室するといいかもしれません。

そして面接が終わると、「では以上です」のように面接官が言ってきますので、そしたら「はい。ありがとうございました。」と言い席を立ち、一礼してからドアのところまで移動し、また一礼してから「失礼しました」と言い退室しましょう。

ドアの閉め方も先ほど言ったように閉めてください。 閉めるまでが面接なので、そこも気を付けながらやりましょう。

このような流れで面接が始まり面接が終わります。 他にも気をつけたほうが良い点がいくつかあるので、紹介します。

携帯電話についてですが、面接中にならないように電源をしっかり切るようにしてください。マナーモードでもいいと思う人がいるかもしれませんが、電源を切るのがマナーです。

そして面接態度についてですが、面接官から視線をそらしたり、手遊びをしたり、背もたれに寄りかかってはいけません。また前かがみにならないことと、小刻みに足を動かすのは辞めてください。 また髪を触らないことも大切です。 そして誰しもが面接をするのは緊張してしますと思いますが、もし緊張してしまって質問された内容を忘れてしまった時は、「緊張してしまって質問を聞き逃してしまった」ということをしっかり伝えるようにしましょう。 ただし何回も聞き返してしまうのはよくありませんので、1回までにしてください。 聞き逃してしまったのに無理に答えてしまう方がよくありませんから、しっかり聞き返すことが大切だと思います。

このように面接を受ける時には、気を付けないといけないことなどがたくさんあるのです。 学校でも練習する機会があると思うので、しっかり練習して面接に向けて頑張りましょう。またよくわからないことがあれば、先生に聞いたりしておくといいでしょう。

↑ PAGE TOP