就職活動 自己分析 必要

就職活動には自己分析が必要か

就職活動をする際に大切なことがいくつかありますが、その中でも自己分析をすることは大切なことなのです。 自己分析は大切とは聞くけどどのようにしたらいいのかわからないという人が結構多いのではないでしょうか。 まずは、自分がどういった人間なのかをしっかり冷静に分析することが大切なのです。

簡単に自己分析するという風にしてもいいと思いますが、振り返ったり考えたりしたいと考える人が多いと思うので、文字にして残しておくといいのではないでしょうか。

文字に残しておくと言っても色々な方法がありますよね。 手書きで残しておいたり、携帯やパソコンにのこしておくのもいいと思いますので、好きな方法を選んでください。

ではどのように自己分析をすればいいのか見ていきましょう。 まずは、自分から見た自分です。 自分で自分がどのような人間であるのかをしっかり考え、自分がわかる特徴をまとめていきます。 自分のことは自分がよく知っていると思いますので、正直に自分を理解することが大切なのです。

また長所や短所を考えてみましょう。 面接時には結構自分の長所や短所を聞かれることがあるので、あらかじめ考えておくといいでしょう。

また自分の将来像を明確にしましょう。 自分の将来がどうありたいのかということもしっかり考えなくてはいけません。

その他にも、自分が好きな時間や嫌いな時間のことを考えたり、人との距離感や接し方についても考えます。 人との距離感は、仕事をする上でも大切になってくると思います。 自分がどんなタイプの人間なのかをしっかり考えることが大切です。
ではどのようなタイプがあるのかをいくつか紹介します。
・人をまとめる仕切るタイプの人
・おとなしいけど、いざとなると全体を動かすタイプの人
・周りに合わせるタイプの人


このよういタイプがあります。自分はどのタイプなのかを改めて考え見てください。 そして仕事には、それそれのタイプに合った役割があるものなのでしっかり理解しておくことが大切なのです。

他にもあるので見ていきましょう。
・好きな科目と苦手な科目
・好きだったこと、興味があったこと
・楽しかったこと、悩んだこと
・辛かったことや悔しかったこと
・友人との交流について
・感動したことと悲しかったこと
・どんなアルバイトをして何を得たか
・家族が自分のことをそういった人間と言っているか
・何に生きがい、やりがいを感じているのか
・他の人に負けないこと
・自分が持っている資格

などまだまだ色々なことがあるのです。 このように今までは自己分析する機会がなかったと思いますが、就職活動を始めると自分がどういった人間であるのかを1から考えなくてはいけないのです。

そして自分にはどのような仕事があっているのか、どのような仕事をすると役立つことが出来るのかなどを理解することが出来ると思います。

自己分析が出来るシートなどもあるので、それを利用して自己分析をしてみるのもいいのではないでしょうか。 また自己分析をするうえで、自分がどういう人間なのかどうしてもわからんあいという場合は、自分ことを誰よりも知っている母親に聞くのもいいのではないでしょうか。 母親というのは、子供のことをよく見ている物ですし、大きくなって気にされていないと思っても、実は何に対しても気にしている物なので、相談するのには母親が1番かと思います。

そして自分の強みは何なのかをしっかり考え明確しておいてください。

就職活動はとても大変なことだと思います。そして自分がこの仕事を絶対にしたいと考えるのであれば、その職業につけるように、頑張ることが出来ると思いますが、就職活動をする際にまだ自分がどんな仕事をしたいのか決まっていないという人もいるのではないでしょうか。 決まっていないと何をしたいのかと考えなくてはいけません。 もしかしたら中には、なんでもいいから面接を受けておこうという人もいるかもしれませんが、そういったことは面接の際に面接官に感づかれてしまうことも多くあります。

自分がしたいと思っていない仕事の面接には、あまり力が入らないと思いますし、志望動機なども明確ではないと思います。 そういった状況になるよりは、自分がしたい仕事をしっかり見つけて、自分がしたいと感じる職場の面接をした方が、面接にも力が入りますし、志望動機も明確になるので、内定をもらえる確率もあがってくるのではないでしょうか。

そのためにはやはり、しっかりと1から自己分析をして自分のことを理解することが大切になってくると思いますので、自己分析はしなくてもいいやと考えるのでなく、しっかりするようにしましょう。 また最終学年になってないくても、早いうちから就職について考えている人が世の中にはたくさんいますから、まだ自分が何をしたいのか決まっていないという人は、早いうちから自己分析などをしたり、就職について色々考えてみてはいかかでしょうか。

↑ PAGE TOP