就職祝い 何 あげたらいい

就職祝いに何をあげたらいい?

自分の子供や親戚の子供などが就職が決まると、就職祝いを上げるという人が多いと思いますが、皆さんは就職祝いに何をあげていますか? 就職活動や面接を頑張り、やっと就職の内定をもらえたことに、本人は喜びを感じています。 そしてもし就職祝いをあげるのであれば、相手に喜んでもらえる物をあげたいと思うのが普通ではないでしょうか。 そうなると何をあげたら、その人が何をあげたら喜んでくれるのかを悩んでしまうと思います。

今回は、就職祝いについて色々書いていきたいと思います。 まず、就職祝いのプレゼントを選ぶ前に、どれくらいの金額の物をあげればいいのか相場を見ていきたいと思います。 相場と言いましたが、その人とのお付き合いの長さなどによっても変わってくると思います。 身内であれば、1万~3万円程度ではないでしょうか。 孫になると多くて5万円程度上げている人がいるようです。 相場はわかりましたが、どんなものをあげたらいいのか悩んでしまうという人がいると思いますが、社会人生活で役立つようなものを選ぶのが無難かもしれません。 その相手が、どのような仕事をするのかでも、あげる物に違いが出てくると思うので見ていきましょう。何をあげたらいいのかわからないから、自分で好きな物を変えるように就職祝い金としてあげている人も多くいると思います。

またオフィスなどで働くような人であれば、シンプルなデザインの物を選ぶようにしましょう。カラフルの物を使ってしまうと、悪目立ちしてしまうので、よくありませんので注意しましょう。

またオフィスで働くのであれば、ワイシャツやネクタイを送るのもありだと思います。 ネクタイはいくつあっても困るものではありませんし、ワイシャツも毎日着る物なので役立つと思います。 サイズがわかるのであれば、相手のサイズを買ってあげればいいのですが、サイズがわからないのであれば、仕立券などがあるので仕立券を渡し自分で買えるようにすると、失敗しません。

また働き始めると、時計を使う機会が多くなります。 でも時計は高くて、自分ではなかなか手が出せる物ではありませんし、若い子は時計を付ける機会があまりないので、喜ばれると思いますし役立つのではないでしょうか。

逆に女性であれば、ネックレスなどのアクセサリーが喜ばれるのではないでしょうか。 ネックレスなどのアクセサリーをあげるのであれば、派手すぎな物はオフィスで付けることが出来ないので、シンプルの小ぶりの物にするといいでしょう。 そしてデザインは、自分好みではなくあげる相手に似合う物を選ぶようにするといいでしょう。 自分では買うことが出来ないような物で、可愛い物であれば喜ばれるでしょう。 またオフィスの温度差に苦しんでしまう女性も多いと思うので、ブランケットなども喜ばれるのではないでしょうか。

他にも、男女ともにフォーマルシューズや名刺ケースなども喜ばれると思います。 名刺ケースは、絶対に使う物なので相手に合いそうなシンプルなデザインの物を選ぶといいでしょう。ここでも派手すぎの物を選んではいけません。

財布なんて手もあると思います。 財布は生活をする上でかかせませんので、とても役立ちます。 また相手の好きなブランドがわかれば、そのブランドの物をあげれば、失敗することはまずないと思います。

皆さんがもう1つ気になるのが、いつ就職祝いをあげればいいのかということではないでしょうか。 いつあげればいいのかというと、相手から就職が決まったという報告を受けたら、なるべく早く渡せるようにしたほうがいいでしょう。 自分が忙しくて渡すのが遅くなってしまった場合は、渡す時に「少し遅れてしまったけど・・・」という風に渡すといいのではないでしょうか。

万年筆をあげるという人もいますが、悪くはないのですが使い勝手的には、ボールペンの方がいいのではないでしょか。

このように就職祝いをあげる時にも、気をつけた方が良いことがあるのです。あげるのであれば喜んでほしいですし、使ってもらいたいと思いますよね。 よくわからないのであれば、はやりお金をあげて自分で買ってもらった方が1番間違いないのかなと私は思います。

また就職祝いをもらった人は、その人にお礼をしたほうがいいのではないでしょうか。もらったら終わりではないと思います。ですが、何か物をお返しするということではありません。 言葉のお礼です。電話でも良いですし、手紙でもいいと思いますが、しっかり感謝の言葉を相手に伝えるということが、とても大切なのです。言葉のお礼は絶対に忘れずに行ってくださいね。 そしてもう1つ気をつけてほしいのが、そのお礼の時期です。 就職祝いをもらったら出来るだけ早くお礼をしてください。出来れば3回以内が良いかと思います。 電話であれば、少し時間を見つけて電話をすればいいので良いと思いますが、手紙は相手に届くまでに、少し時間がかかってしまうので、もらったら早めにお礼状を書いて出すように心がけてください。 就職祝いをあげる人ももらった人も、気を付けないといけないことがあるということです。 これからあげるという人は、是非参考にしてみてはいかかでしょうか。

↑ PAGE TOP