履歴書 書き方

履歴書の書き方

履歴証の書き方

就職をするには必ず履歴書が必要になってきますが、1度書いたことがある人であれば、だいたいの書き方はわかっていると思いますが、初めて書く人はどのように書いたらいいのかわからないという人が多いのではないでしょうか。 ちなみに私も初めて書いた時は、そのように書いたらいいのかいまいちわかりませんでした。

ではどのように書いていくといいのかを見ていきましょう。 履歴書には書くことがたくさんありますが、しっかり項目を埋められているのかという点も担当者は見ています。 もし空欄があると、しっかり項目を埋められている人の方が良いと思われてしまうので、埋められた方が良いのです。また現在は、デジタルで作成出来る履歴書があるようです。 企業によっては、手書きでないといけないという企業もありますので、注意してください。

そして手書きで書く時には、採用担当者が読みやすい字を書くようにしてください。 まず履歴書には、日付を書くところがあります。 いつの日付をかけばいいのか迷ってしまう人がいると思いますが、郵送をする場合であれば、投函する日を記入します。そして持参する場合は、当日の日付を書きましょう。

そして日付を書く時には、履歴書内で西暦なのか元号なのかを統一して書くようにしてください。バラバラになってしまっていると印象が良くありませんので、気を付けましょう。

氏名を書く欄には、姓と名の間に半角スペースをあけると氏名のバランスが良く見やすくなりますので、くっつけて書かないようにしましょう。 そしてフリガナを書く欄がありますが、「ふりがな」「フリガナ」と書いてあるものがありますので、それは履歴書に合わせてください。

そして履歴書には、証明写真を貼る所がありますが、証明写真を撮ることが出来る機械で撮るか、写真屋さんにとりに行くような形になります。 証明写真を撮る機械であれば、証明写真と書いてあるサイズの物選べば大丈夫です。 写真屋さんに行って撮る場合も、写真屋さんがわかってはいると思いますが、一応写真のサイズを書いておきます。 2.4㎝×3㎝または3×4が一般的の大きさです。 そして証明写真は撮影した日から3ヶ月以内の物しか使ってはいけないので、3カ月以上たっている場合は、新しく撮り直さなければいけません。 そして証明写真を撮る時には、正面を向き上半身が写っている物を使用してください。

住所や電話番号についてですが、住所は県内で面接を受ける場合でも、都道府県からしっかり書かなければいけません。そして忘れがちな郵便番号もしっかり書きましょう。

電話番号は、自宅に固定電話を置かないという人が増えてきているので、そういった人は携帯番号を書けばいいですし、固定電話があるのであれば、固定電話番号と携帯番号を書くようにしてください。

そして職歴や学歴を書く欄には、学歴の場合は、高校までは卒業のみを記入すればいいのですが、大学からは入学も記入しなくてはいけませんし、学科や学部も忘れずに書きましょう。

職歴は、全て入社と退社歴を記入しなくてはいけません。そして全て書き終わったら、最後の上に「現在に至る」と記入してから、その下の行の右端に「以上」を書いてこの職歴と学歴の欄は完成になります。

そして学歴の他にも多くのスペースが取られている所がありますが、それは資格や免許を書く欄になります。自分が持っている資格を全て書きましょう。 運転免許証も免許なので忘れずに書いてください。そして資格や免許を記入をする時にはしっかりと正式名称で書かなくてはいけませんので注意してください。

そしてもう1つが志望動機などを書く欄になります。 特技なども書く欄があるので、こういった所使い自分をアピールすることが大切なのです。 自分がどういった人間でその会社に貢献することが出来るのかなどを書いておくといいでしょう。 また志望動機は、色々な会社がある中でそうしてその会社を選んだのかを記入しましょう。特技は自分の特技を書いてください。

そして履歴書には、通勤時間と配偶者の有無を書くところがあります。 通勤時間は、自宅からその会社までの所要時間を書いてください。配偶者の有無、扶養対象者が何人いるのかも書かなくてはいけないようです。

そして最後に、希望記入欄という物がありますが、そこには希望する職種や勤務地を記入したり、重要な希望だけを書くようにしましょう。

だいたいは面接時に履歴書を持参することが多い気がしいますが、郵送をする時のことも一応書いておきます。 履歴書を郵送する時には、茶色い封筒ではなく白い封筒を使わなくてはいけません。これは中身が透けないようにするためでもあります。

そして封筒に記入することは、会社宛てに送る場合は、宛名と御中を書き、担当者さん宛てに送る場合は、宛名と担当者さんの名前に様を書きます。そして封筒の左下には「履歴書在中」と書くようにしてください。

そして封筒の裏側には、自分の住所と氏名を記入するのを絶対に忘れてはいけません。

このように履歴書を書くだけでも気を付けないといけないことがたくさんあるのです。 履歴書を見ればどういった人なのかを見抜く人もいますので、汚い字で書くのではなく、いつも以上に綺麗に書くことを意識して文字を書くようにした方が良いと思います。

また履歴書だけで好印象を与えることが出来れば、可能性が高くなるので、履歴書は適当に書かずしっかりと丁寧に書くようにしましょう。

↑ PAGE TOP