志望動機 どういったこと 書けばいい

志望動機にはどういったことを書けばいいの?

履歴書にも志望動機があるように、就職をするには志望動機が必ず必要になってきます。 就職活動をしていると複数の企業に履歴書を提出する人がいるとおもいますが、どこにでも通用するような志望動機を書いたとしても、採用担当者は毎年多くの履歴書を見てきているので、志望動機を見て、どこにでも通用するような志望動機を書いていることがわかってしまうのです。

なので、どこにでも通用するような志望動機を考えるのではなく、自分の思いをしっかり書くべきだと思います。 卒業した後に働くのが当たり前だから就職活動をしているという人がいると思いますが、そうではなく、どうして働くのかなどを明確にして、どうしてこの企業に入りたいのかということを明確にしていくことで、志望動機が決まってくるのではないでしょうか。

そして採用担当者は、色々な会社がある中でどうして当社を選んだのかを疑問に思っていて、その答えを知りたがっているので、採用担当者が納得いくようなインパクトの強い志望動機を必要としているのです。

なので事前にその企業の情報をリサーチして、色々な情報を集めるようにしましょう。またその企業の求人情報なども目を通すことで、どのような能力が求められているのかを把握することが出来ることがありますし、自分が入社したらどのように活躍できるのかを採用担当者にアピールすることが出来ると思います。


なので、志望動機を書く時のポイントは、企業が求めている人材・能力を踏まえ、自分の仕事の強みや興味を伝えられるような志望動機を書くこと、そして自分の将来のビジョンをしっかり伝える事、その企業の特徴を理解し、自分が貢献できることを採用担当者に伝えられるような志望動機を書くことがとても大切になってきます。 このような志望動機を考えるのは、大変なことかもしれませんが、逆にしっかり志望動機を書くことであなたに興味を持ってもらえる確率が上がるということでもあるので、適当に考えるのは、絶対にやめましょう。

逆にこのような志望動機ではダメというものがいくつかあるので参考にのせておきます。
・志望動機が漠然とし過ぎている
志望動機では自分の熱意を相手に伝えることが大切ではありますが、しっかりとした志望動機が無くて熱意だけで押し切ろうとしても、相手は理解できないのでダメなのです。 人の役に立ちたい・感動したなどというような動機では、受かる確率は低いです。

・成長できるというような理由
社会人になると自発的に勉強することが求められているので、会社に成長させてもらえるというような受け身な考えであると、印象は良くありません。 この会社で勉強したいなどというよなことを、採用担当者に言われても戦力にならないととらえられてしまう可能性が高くなってしまいます。

・給料や待遇
もちろん待遇がいい会社に就きたいと思うことは間違いではありませんが、そのようなことを採用担当者に言ってしまうことはよくありませんので、注意しましょう。そういったことは思っても口に出さないようにすることが大切です。 あくまで志望動機は、仕事の内容にてらしたものでることが大切ということを覚えておきましょう。

・過激すぎる自信
自分の実績をもとにして自己PRをすることはとても大切なことではありますが、その自信が過激すぎてしまうと逆効果になってしまうので気を付けましょう。

・やる気のアピール
やる気をアピールすることも大切なことではありますが、やる気があるというのは漠然過ぎます。どれだけやる気があったとしても、どのように貢献することがでいるのかわからないと採用担当者は理解してくれませんよ。

・家が近いというような理由
勤務地が自宅から近いのはありがたいですし、楽ではありますが、企業側からしたら志望動機にはなっていません。もしも転勤などになってしまったら仕事をやめてしまうのではないかと思われてしまう可能性もありますから、志望動機としてはまったく使えません。

・上から目線
自分が入社すればこの会社が成長するなどというような上から目線の動機を話してしまうと印象が良くなくて当たり前ですし、その自信はどこから来るのかと思われてしまうだけだと思いますので、上から目線は絶対にしてはいけません。


このようなことを書いてしまうと印象が良くありませんし、しっかりとした志望動機ではありません。また志望動機になっていないことを話されても、採用担当者は理解できませんし、その人を雇っても、企業に貢献することが出来ないだろうととらえてしまうので、そのようなことを書かず、自分が入社したらどんなことをしたいかなどを具体的に明確に書くことで印象が良くなると思いますし、興味を持ってもらえるのではないでしょうか。

志望動機を考えるうえで、ダメな志望動機を理解しておけば、ダメな志望動機になる事はないと思うので、少しでも頭に入れておくといいのではないでしょうか。

↑ PAGE TOP