就職 役立つ 資格

就職に役立つ資格は?

就職をする際に役立つ資格はあるのかについて書いていきたいと思います。 資格を持っているといいとは聞きますが、どのような資格があるといいのかと気になるのではないでしょうか。

まず、どんな資格を持っていたとしてもマイナスになる事はありません。 自分が志望している職種に役立つ資格であれば、役立ちますしプラスになります。 自分がどんな仕事をしたいのかもう決まっている人は、その職種に役立つ資格を取るということもいいと思います。 資格を持っていないよりも持っていた方が有利と考えられているので、何かしら資格を持っていた方が良いのかもしれません。

ではどのように資格があると役立つと考えられているのかを見ていきましょう。
1つ目は、簿記です。
簿記の資格というのは、事務系の仕事に生かすことが出来ると考えられています。 ですがその他の職種でも強みになるのです。 数字を扱う職種であれば、とても大切な能力なので、簿記の資格は役立つと考えられているのです。

2つ目は、医療事務です。
医療事務の資格というのは、女性に特に人気があり、医療関係の事務職の就活にはとても役立つと思います。 また医療事務資格であれば、就業時間が規則的なので、結婚したり出産後であっても働き続けることが出来ますし、座って仕事をするので、年齢関係なく働くことが出来るので、魅力的なのです。 また長く働きたいと考えているのなら、医療事務の資格が役立つのです。

3つ目は、MOS(マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト)です。
MOSの資格というのは、パソコンのスキルをアピールできる資格になっています。特に事務職をしたいと考えるのであれば、持っていると役立ちます。またエクセル、ワード、パワーポイントなどのオフィスツールをどれだけ使いこなすことが出来るのかを指針をなる資格であるので、持っていると優遇されることがあります。 事務職でパソコンを使えないと仕事をすることが出来ませんので、持っておいた方が良いと思います。 また求人誌などを見てみても、ワードやエクセルが出来る人などと書かれていることが多くなったので、使えた方が職種の選択肢も増えると思います。

4つ目は、秘書検定だそうです。
秘書職に就く場合でなくても、持っていると有利だと言われているのです。 何故かと言うと、秘書検定を持っている人というのは、ビジネスマナーが備わっているというイメージが強いので、非常に好印象を持ってもらうことが出来るようです。 また準1級以上を持っていると評価が高いようです。

5つ目は、FP(ファイナンシャルプランナー)です。
ファイナンシャルプランナーという資格は、お金関係のスペシャリストなので、汎用性が高くて、税理士、社労士、宅健などの資格と合わせるととても役立つと言われているのです。 お金関係の知識を持っているということは、とても大きな武器になると言えるでしょう。

このように資格があると就職に役立つと考えられているのです。 また他にも、税理士、証券外務員、インテリアコーディネーター、建築士などのさまざまな資格が役立つと考えられているので、自分がどのような仕事をしたいのかしっかり決まっている人は、役立つ資格を取ってみるのもいいのではないでしょうか。


資格を取るにも勉強が必要ですが、あれば役立つので無駄なことは一切ないと思います。 昔から何かしら資格はあった方が良いと言われているので、取っておくといいのかもしれません。 自分が欲しい資格があるのであれば、チャレンジしてみてください。 先ほども書きましたが、資格を持っていてマイナスになる事は絶対になりませんので、安心してください。

このように紹介してきましたが、1つ覚えておいてほしいことは、資格を持っていれば絶対に有利になるという訳ではないということです。 有利になる事も勿論ありますが、絶対ではなく、担当者の評価が上がるというだけです。 資格があるから大丈夫と考えずに、しっかり面接時間何で自分をアピールできるように、しっかりと練習する必要があるのです。 少しでも可能性が高めたいのであれば、自分のモチベーションを上げるためにも資格を持ってみてもいいと思います。 どうするのかはあなた次第ですが、取りたい資格があるのであれば積極的に取ったほうがいいと思いますので、親御さんに相談してみてはどうでしょうか。

また育児がある程度落ち着いてきて、また働きに出ようと考えても、なかなか働くことが出来ないという人がよくいますが、そういった人も役立ちそうな資格を持っていた方が、持っていない人よりは就職が決まる可能性が上がるのではないでしょうか。 今はユーキャンなどで色々な資格をとれるようになっているので、時間を見つけて資格をとってみてもいいのではないでしょうか。 今からでも遅くないと思いますので、気になるという人は是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

↑ PAGE TOP